留学の価値とは

必ずしも留学をしたからといって英語力が伸びるとは限りません。また、留学経験が良いことだらけとも言えません。
それには、本人がどういった目的をもって留学を選んだのか、そしてどれだけ真剣に取り組んだかによると思います。
遊び感覚で留学に行った人は英語力も身につかず、1年をただ楽しく過ごした思い出だけで終わらせてしまう人もいます。
そんな経験では就職に有利になるとも言えないでしょう。
ただ単に1年を海外で過ごし、日本で生活するよりも大きな出費があっただけのこととなってしまいます。
それでいいという人はそれでかまいません。
しかし、将来自分の希望している仕事に就きたい、外国の方とかかわる仕事がしたい、海外の大学に進学したいといった大きな夢がある人は、決して留学を無駄に過ごしてはけません。
もちろん留学に行くくらいなので海外が好きな人だと思います。海外に行けば誘惑はとても多いです。でも、常に自分の目的を忘れずに行動し、生活していれば、実りある留学となり、それは自分の力となって、自分の大きな夢を果たすこともできると思います。そこで初めて留学に行ってよかったと思えるのではないでしょうか。留学という経験自体に価値があるというよりも、自分がそこでどう行動するかに価値があると思います。