留学中に英語脳を作り上げる方法

カナダで一年間の留学生活を経験した者として、どのようにして英語を身につけたかを紹介します。まず期間の前半、つまり半年間は自宅と留学エージェントのオフィス以外では絶対に日本語を使いませんでした。語学学校の授業が終わってクラスメートの日本人たちと遊んだり食事したりする時でも、ひたすら英語で会話することを押し通しました。英語を使いこなすための最善の方法は、脳を英語モードのまま維持することです。授業が終わった途端に日本語モードに戻しているようでは、いつまでたっても英語に慣れません。少なくとも家を出てから帰ってくるまでの間は、英語モードのままで過ごすことです。このルールを自分に課すことで、私は半年後には完全に英語脳が出来上がり、日常生活には全く困らないレベルで英会話ができるようになると同時に、日本人と日本語で会話している時に突然横から英語で話しかけられても、その瞬間に普通に英語で応じることもできるようになりました。留学生活は、期間の前半にどれだけ日本語を排除して英語脳を形成できるかが重要なのです。